HOME >学校紹介 >学校長のごあいさつ

学校長からのごあいさつ

神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校
    校 長  市 川 道 伸

茅ケ崎北陵高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 本校は、昭和39年に富士山や丹沢の山々を望む茅ヶ崎市北部の丘陵地帯に開校して以来、多くの優秀な卒業生を各界に輩出し、今年創立54年目を迎えました。
 創立当初から「人づくり」を教育目標に掲げ、「学習」「部活動」「学校行事」を3本柱として、生徒たちが「進学するために必要な学力」と「これからの社会を生き抜く力」をしっかりと身に付けられるよう、多様な教育活動を展開しています。

近年、人工知能が人間に代わって様々な判断や作業を行うなど、科学技術はめざましい進歩をしています。こうした変化の激しい時代において重要な力は、生涯にわたって常に「学び続ける力」です。高校や大学を出たあともさらに学び続けて、新たな時代に必要とされる資質や能力を自分で高めていかなくてはなりません。
 昨年度から始まった県立高校改革で、本校は「教育課程研究開発校(新たな学習評価に係る研究)」に指定され、授業改善や学習評価の研究を進めるとともに、「学力向上進学重点校エントリー校」として重点校の指定に向けて取り組んでいます。こうした学習や学力に関する取組を今後より一層充実させて、生徒たちに確かな学力を身に付けさせたいと考えています。

また、これからの社会を生きていくためには、学力以外の様々な能力・資質が必要です。コミュニケーション能力、主体性、協調性、チャレンジ精神、誠実さ、責任感などといった能力や資質は、部活動や学校行事に取り組む中ではぐくまれるものがたくさんあります。
 本校では、ほとんどの生徒が部活動に参加して生き生きと活動しており、仲間と一つの目標に向かって努力する中で、様々な能力や資質を身に付け、友情、努力、忍耐、根気、情熱、信頼など、お金では買えない貴重な一生の財産を得ています。
 学校行事についても、文化祭、体育祭などを中心に、生徒一人ひとりが自分のよさや強みを発揮する場が用意されており、これまで隔年で交互に行われていた文化祭・体育祭も今年から両方実施します。授業時間をしっかりと確保しながら、学校行事・部活動の充実にも取り組んでまいります。

生徒たちが生き生きと輝く魅力ある学校となるよう、教職員一同力を合わせて生徒への指導・支援に取り組んでまいりますので、引き続き、皆様のご協力を賜りますようお願い申し上げます。


平成29年5月15日

■ 校長室だより ■

第1号 凡事徹底